予防接種スケジュール

方針イメージ

乳幼児の予防接種スケジュール:参考パターン

下記にワクチン接種のモデルパターンを作成しました。この通りに接種できることは少ないと思いますが、順番の参考にしてください。

生後2ヶ月になったら、ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチン・B型肝炎ワクチン・ロタワクチンを開始しましょう。

B型肝炎の3回目は、初回から5ヶ月以上(139日以上)あけ、1才になる前に接種してください。

ロタワクチン(ロタテックもロタリックスも)の「1回目の推奨期間」は、生後6週~生後14週6日までです。経口接種です。

四種混合は、生後3ヶ月からです。

BCGの推奨期間は、生後5ヶ月~8ヶ月です。

1才になったら、MRワクチン、水ぼうそうワクチンを開始しましょう。

注射の場合、足の大腿部への接種を了承してくだされば、4本まで同時接種致します。腕のみを希望されるなら、2本まで同時接種致します。

スケジュールについてのご相談はお気軽にスタッフにお尋ねください。

 

 

☆4つまでの同時接種(大腿への接種)を希望される方

生後(週) 8 9 10 11 12 13 14 15 16
ヒブ            
小児肺炎球菌            
B型肝炎              
四種混合              
BCG                  
ロタ            
生後(週) 17 18 19 20 21 5ヶ月以降
ヒブ            
小児肺炎球菌            
B型肝炎          
四種混合          
BCG          
ロタ            

◎19週以降の四種混合は、生後5ヶ月以降でしたら、BCGと同時接種が可能です。

 

☆2つまでの同時接種を希望される方

生後(週) 8 9 10 11 12 13 14 15 16
ヒブ              
小児肺炎球菌              
B型肝炎              
四種混合                
BCG                  
ロタ              
生後(週) 17 18 19 20 21 22 5ヶ月以降
ヒブ            
小児肺炎球菌            
B型肝炎            
四種混合          
BCG            
ロタ            

◎22週以降の四種混合は、生後5ヶ月以降でしたら、BCGと同時接種が可能です。

◎ワクチン接種間隔の改定により、9週・14週・19週のワクチンは、ヒブと小児肺炎球菌の翌日から接種することも可能となりました。ただし、接種から数日間は、発熱や接種部位の腫脹などの症状がでる事があります。規定上接種が可能な期間であっても、必ず発熱や接種部位の腫脹がないこと、体調などに問題がないことの確認が必要です。

 

「公費」  

MRワクチンⅠ期・水ぼうそうワクチン初回

ヒブワクチン追加・小児肺炎球菌ワクチン追加・四種混合ワクチン追加

水ぼうそうワクチン追加(初回から半年~1年後:3才の誕生日前までに)

「任意」  

おたふくかぜワクチン

「公費」  

日本脳炎ワクチン(Ⅰ期:3~4才で2回接種 Ⅰ期追加:4~5才(1年後)Ⅱ期:9~10才(5年後))

「公費」  

MRワクチンⅡ期(5~6才:年長さんの年の3月31日までに)

「公費」  

二種混合ワクチン