10月1日から、予防接種の接種間隔が変わります。

接種ワクチン 接種間隔 次に接種するワクチン
MR・水痘・おたふく・BCG(生ワクチン) 27日以上 MR・水痘・おたふく(生ワクチン)
ロタ(経口生ワクチン) 規定通り ロタ(経口生ワクチン)
ロタ(経口生ワクチン) 翌日から ヒブ・小児肺炎球菌
B型肝炎・四種混合
ヒブ・小児肺炎球菌・B型肝炎・四種混合
日本脳炎・二種混合・インフルエンザなど
翌日から 異なるワクチン
ヒブ・小児肺炎球菌・B型肝炎・四種混合
日本脳炎・二種混合・インフルエンザなど
規定通り 同じワクチン

 

同じワクチンを接種する場合は、今までと変わりません。

異なるワクチンを接種する場合は、翌日以降に接種できるようになりますが、生ワクチンと生ワクチンの場合は、27日以上あけなければならず、この場合は今までと変わりません。

 

10月1日からは、生ワクチン同士以外、異なる種類のワクチンであれば翌日から接種できることになります。ただし、接種から数日間は、発熱や接種部位の腫脹などの症状がでる事があります。規定上接種が可能な期間であっても、必ず発熱や接種部位の腫脹がないこと、体調などに問題がないことの確認が必要です。

 

0歳のワクチン接種計画は、ほとんど変わらないと思います。


2020年09月15日